メインイメージ画像

マンション経営する時の投資会社の探し方について整理してみましょう

マンション経営する時の投資会社の探し方について整理してみましょう。パートナーとなる投資会社次第で、未来の成否を決めると言っても過言ではないので、会社選びは肝心です。第一に、経営のトレンドについて情報収集し、自分なりの投資の基礎知識を備えておくと良いでしょう。そして、数社の投資会社を訪問し、マンション経営に関して相談をしながら良い投資会社を探しましょう。その時、金融・投資市場の資格やノウハウや信頼性を有しているか確認するのが大切です。

不動産投資をするなら、競売物件も選択肢の一つとして不動産を選んでみてはいかがでしょう。競売物件とは、債務不履行によって、俗に言う“差し押さえ”となった物件のことを言い、司法によって競売、今風に言うと、オークションにかけられます。競売物件の利点は何を差し置いても価格が非常に安価という点でしょう。その反面、事情が事情だけに、元の持ち主のが不在なことが多かったり、物件の引渡し時に物件整理の手間がかかるという場合もあるようです。元の持ち主の競売の背景を入念に調べて購入に踏み切りましょう。

イメージ画像

不動産投資で老後の生活のリスクヘッジをすると良いでしょう。未だ収束しない経済の不況で、本業からの報酬や退職金だけでは定年退職後に不安があるという論調をよく聞きます。老後に働くと体力的に負担が大きいですが、不動産投資からは殆どの場合働かずに所得が得られますね。また、近年、経済情勢はデフレ状況下にありますので、今しばらくは不動産の購入もそれほど難しくありません。早めに物件を取得しておけば、いずれインフレ傾向になった場合に転売益が期待できる点もメリットです。

不動産投資をする物件をいくつかに狙いを定めたら、周辺調査を入念に済ませた上で実際の物件を実見に行きましょう。まずは、不動産の場所の地域性、物件の利回り、その町のアクセス性などはチェック必須でしょう。それらの情報をベースに実地を見に行き、評価額が割安なのか、収益性が見込まれる立地か、近隣の治安はどうか、修繕やリフォームは必要か、などを判断せねばなりません。事前の調査で思わぬランニングコストを避ける事ができ、短期間での資金回収ができるのです。

更新情報